秋月さやか公式サイト:占星幻想館
秋月さやか公式サイト

2012占星イベント解説

 幸運の木星は、2012年6月まで牡牛座宮を運行します。牡牛座宮をはじめとする地の星座宮にとって、木星の幸運を活かすチャンスは2012年前半!2011年後半から引き続いている流れを実感しながら、急いで動いてください!
 そして、6月から木星は双子座宮に移動。2012年後半は、風の星座宮にとって、運勢上昇のタイミング。といっても、2012年内の木星は、双子座宮1旬、2旬を運行しますから、3旬生まれの人にとっては、2012年はまだ木星の影響はあまり実感できないかも知れません。
 
 試練の土星は、10/04まで天秤座宮を運行します。天秤座宮3旬生まれにとっては、運勢が停滞、物事の見直しタイミングとなりますが、1旬生まれにとっては、すでに土星の影響はそれほど感じられないでしょう。そして10/05、土星は蠍座宮へと移動。2012年内はおもに蠍座宮1旬を運行します。土星は、2014年12月まで、つまり約3年間、蠍座宮を運行します。
 
 火星は乙女座宮で逆行。すでに2011年11月から火星は乙女座宮を運行していますが、2012年1月、動きがだんだんと遅くなってきて、乙女座宮23度付近で留(ステーショナリー)。逆行期間は1/23〜4/13まで。火星は、2011年11月から2012年7月はじめまでの約8ヶ月、乙女座宮を運行します。
 
 そして2012年は、金星逆行も生じます。4月、双子座宮に入った金星は、太陽の先を進み、しだいにその輝きが強まってきて、5月後半から6月にかけて逆行。8月初旬までの約4ヶ月間、双子座宮を運行することになります。
 
 水星逆行は、おもに火の星座宮で生じますが、逆行域が、水の星座宮へと移行しつつある期間にあたっています。つまり、3月、牡羊宮から魚座宮にかけて逆行。7月、獅子座宮で逆行。11月、射手座宮から蠍座宮にかけて逆行します。

秋月さやか

 注・1旬(星座宮0〜09度。最初の約10日間)。2旬(星座宮10〜19度。真ん中の約10日間)。3旬(星座宮20〜29度。最後の約10日間)。  注・留(ステーショナリー)。惑星が天空の1点に止まったように見える現象。逆行開始直前、順行再開直前に生じる。

占術解説 > 2012占星イベント解説

 
この記事のURL