秋月さやか公式サイト:占星幻想館

秋月さやか公式サイト

「占術解説」ジャンルの最近記事を表示します

国家始原図について いつを国家の始原とするのか

【国家始原図について いつを国家の始原とするのか】

 始原図とは国家の出生チャートです。
 となると、国家の誕生とはいつなのか。アメリカ合衆国の独立記念日は1776年7月4日です。これは独立宣言が行われた日で、独立宣言=国家の成立ということになるなら、アメリカ合衆国誕生は1776年7月4日になります。
 アメリカ独立戦争は、1775年4月19日から1783年9月3日まで続き、本国であるイギリスがアメリカの独立を完全に認めたのはパリ条約(1783年9月3日)においてです。つまり、アメリカの独立宣言を、世界が認めたのが1783年9月3日。となると、アメリカ合衆国の国家始原図は、いつとして作成すべきなのでしょうか。
 
 国とは、領土があり、民がいて、統治者による統治がなされている集団ということになります。たいていの場合、国には法があります。
 アメリカ合衆国憲法が公布されたのは1788年6月21日です。国としての形を整えるために憲法が必要なのだとするなら、アメリカ合衆国の始原図は、1788年6月21日であるべきかもしれません。などと書くと、独立宣言は1776年7月4日なんだから、始原図は1776年7月4日に決まってるじゃないか、なにをごちゃごちゃと、というような批判が(どこかから)とんできそうですが。
 
 独立宣言をしたから国家になるというのであれば、蝦夷共和国(えぞきょうわこく)の独立記念日は1868年旧暦12月15日(グレゴリオ暦1869年1月27日)です。蝦夷共和国の独立宣言後には役職が決定され、税の取り立てなども行っていたようですが、日本は蝦夷共和国を認めたわけではなく、国家として機能することはなく、解体します。
 というわけで、独立宣言だけで国家の始原図を作るべきなのかどうなのかは、疑問です。蝦夷共和国は独立宣言はしましたが、日本はこれを認めておらず、解体してしまいました。蝦夷共和国の国民(とされていた人々)は、もともと日本人であり、国籍を失ったわけではありませんでしたし。
 最初にこれらを説明したのは、国家の始原図を作るにあたって、国の誕生とはなにかを考えなくてはならないためです。
 
 まず、日本の誕生の瞬間はいつなのかと考えると、これは不明です。
 『日本書紀』によれば、それは大和国橿原宮で神武天皇が即位した紀元前660年1月1日(旧暦)であるとされます。初代天皇の即位を国の誕生としています。紀元前660年1月1日(旧暦)は、紀元前660年の、太陽黄経315度±15度の新月ということになります。(注・旧暦1月が、立春を含む朔望月と考えた場合)
 『日本書紀』は、養老年間(720年頃)に作成されたものなので、この記述がはたして正しいものなのかどうかはわかりません。紀元前660年という年代の設定については想像による伝説の日付としかいいようがありません。これが旧暦1月1日であった可能性は高いでしょうが、紀元前660年に信憑性があるかどうかは曖昧です。
 
 たとえばフランスを考えてみましょう。フランスという国の名称がいつから用いられたのかというと、それは紀元987年、カペー朝の創始時から、ということのようです。しかしそののち、統治者は変わります。そして、フランス(ブルボン朝)と、フランス共和国は、違う国です。フランス共和国は1792年9月22日の第一共和政成立からです。その後、ナポレオンの帝政(フランス第一帝政)により、フランス帝国と名を変えます。が、フランス第二共和政により再びフランス共和国に、しかしナポレオン3世皇帝即位により第2帝政がはじまり再びフランス帝国に、その後、第三共和制によりフランス共和国が復活します。その後、パリ・コミューン、自由フランスを経て、フランス共和国臨時政府が1944年6月3日に(ただし北アフリカのアルジェで)成立し、フランス第4共和政に移行し、現代のフランス共和国は第5共和政で、1958年10月4日に公布された第5共和国憲法により定められたと考えてよいでしょう。となると、現代のフランス共和国の始原図として用いるべきは、1792年9月22日なのか、1958年10月4日なのかについても、迷うところです。
 
 さて、日本です。大政奉還がなされたのちに日本は大きく変わりました。
 明治天皇が東京に入った1869年5月9日正午を日本の始原図として用いる人たちは大勢います。一方、大日本帝国憲法の発布(1889年2月11日)をもって始原図とする人たちもいます。これは憲法の発布によって国の形が整うと考えるためです。が、明治時代の日本は、フランスやアメリカとはちょっと事情が異なっていました。それは、明治時代の日本が天皇制(天皇に統治権のすべてが帰属する政治体制)であったということです。
 天皇の即位が重要ですので、 1868年10月12日 (慶応4年8月27日) 京都御所に於いてを重視すべきですが、しかし、明治天皇が東京に入った日付は、それ以降の歴史を考えると、即位よりも重要な日付として扱うことになったと考えるべきです。
 古い時代の日本には憲法というような考え方はなく、五箇条の御誓文(1868年4月6日)があるため、大日本帝国憲法の発布を重視する必要があるのかについては、疑問です。(たぶんないでしょう。)
 第二次世界大戦で日本は敗北し、占領されました。その占領が終わったのが1952年4月28日です。(注。沖縄の返還はその後になります。)
(ここで、本国であるイギリスがアメリカの独立を完全に認めたのはパリ条約の1783年9月3日においてであった、ということを改めて考える必要があります。)
 自国の憲法を制定した段階で自治国家だと考えるなら、日本国憲法の公布日である1946年11月3日と、その施行日である1947年5月3日が重要ということになります。
(ここで、アメリカ合衆国憲法が公布されたのは1788年6月21日である、ということを改めて思い出してください。そして、このアメリカ合衆国憲法施行日は1789年5月4日です。)
 
 しかしながら、すでに書きましたが、アメリカ軍の占領が終了したのが1952年4月28日です。サンフランシスコ講和条約の調印が1951年9月8日で、発効が1952年4月28日。1952年4月28日(0時)をもってアメリカ軍の占領が終了し、日本に国家としての主権が戻ったと考えるべきで、これを、政府は主権回復の日(しゅけんかいふくのひ)としています。ということは、日本に主権がない状態で、日本憲法が公布及び施行されているわけですので、自国の憲法を制定した時をもって始原図とするという考え方ができるかどうかも疑問です。

 始原図の年月日時刻をいつにするのか、なかなか難しい問題であるということがおわかりいただけたでしょうか。

 さて、しかしこれらの始原図を作成した場合ですが、上昇度数は無視すべきです。ハウス理論は無効ということです。(だから時刻が重要という声が聞こえてきそうですが、正式発表として予定された日時や、日付が変わった0時を、ホラリーのように扱うわけにはいきません。)
 というわけで、とにかく仮アセンダントを設定したチャートがあればよく、ハウストランジットは無視して、大惑星のアスペクトを重視してみるべきでしょう。始原図の大惑星の度数が感受点として重要なのです。(ただし、月をどのように扱うべきかは微妙ですが)

(1952年4月28日0時Tokyo)
月17Gem 水星11Ari 金星21Ari 火星11Sco 木星Ari29 土星Lib09 天王星Can10
国家始原図の考察

占術解説 > 国家始原図について いつを国家の始原とするのか

この記事のURL
今日の月暦