秋月さやか公式サイト:占星幻想館
秋月さやか公式サイト

仕事運が悪い時期には転職しないほうがいい?

 転職や仕事のご相談が急増しています。やはり、世相を反映しているのでしょうか。そこで今回は、仕事運について、ご質問の多いポイントをまとめてみました。

1・転職に向いている時期はいつですか?
 天空の木星が良い時期です。ということは、2010年であれば、魚座宮、蟹座宮、蠍座宮など、水の星座宮生まれ。あるいは、水の星座宮に水星がある人。木星が良い星相(アスペクト)の時期には、環境が新たに変わる暗示がありますから、転職もOKです。
 占星年運を参考にしてください!

2・仕事運が悪い時期に転職しないほうがいい?
 できれば避けたほうがいいでしょう。といっても、そんなことは言っていられない場合もありますね。仕事運が悪い時期には、思い通りの条件で転職が見つかるとは限りません。ですから、ある程度は我慢することも必要になってきます。特に、土星があまり良くない時期には、仕事探しに時間がかかったり、転職後の条件が、前よりレベルダウンする場合があります。天空の土星があまり良くない星相(アスペクト)の時期は、慎重に考えてください。

3・向いている仕事と、やりたい仕事は違う?
 向いている仕事とは、適性があり、得意な分野の仕事。つまり、自分を認めてもらえる仕事です。これをあらわすのは水星です。やりたい仕事というのは、好きな仕事。これをあらわすのは金星ですが、それは同時に、趣味をあらわすこともあります。楽しく仕事をしたい、と考える人の場合、金星が意識されているようで、仕事に趣味の部分がかなり含まれています。

4・仕事選びは人生に影響を与えますか?
 大きく影響します。人は、おもに仕事を通して社会と関わります。また、仕事によって報酬を手にし、生活します。また、どんな仕事をしているかによって、価値観もさまざまです。ですから、転職によって人生観が変化することもあります。現代社会では、より自分らしい生き方ができる仕事に転職する自由がありますから、どんな生き方をしたいのかを考えながら、仕事選びをしてください。

5・やりたい仕事が見つかりません。
 やりたい仕事とは何か。もしも好きな仕事をしたいのであれば、趣味に関連した仕事を選びましょう。しかし、人は仕事を通じて、自分を認めてもらいたい、と考えることもあります。つまり、仕事を通じて自分を認めてもらいたいのか、それとも、楽しく好きなことを仕事にしたいのか。まずは、その部分について考える必要があります。  報酬金額や勤務条件などは、また別な問題として考えるべきでしょう。たとえば、安定した仕事がしたい、休暇が取りやすい仕事がしたい、高収入の仕事を希望、とかいったことですが、それら仕事の条件に関わる問題については、いったん切り離して考えたほうが、結論が早く見つかります。

秋月さやか

占術解説 > 仕事運が悪い時期には転職しないほうがいい?

 
この記事のURL