ムーンラボカフェ

土用のどじょう?うなぎ?

狐と狸がここだけ占い話

 アブラゼミがやかましく鳴く夏の夕方。

画像:coon

狐(きつね)「暑いな。冷たいビールが、んめえ。夏バテだよ、夏バテ〜。ああ〜、栄養ドリンク欲しい!
狸(たぬき)「栄養ドリンク?マムシドリンクか?」
鼬(いたち)「マムシ、取りにいこうか?」
狐(きつね)「やだよ。そんな危ないもの。」
鼬(いたち)「そういえば、夏バテにはどじょうが効くんだとよ。田んぼに取りにいこうよ。」
狸(たぬき)「ああ〜土用のどじょうか?いいな。」
狐(きつね)「それ、土用の鰻の間違いだろう?」
鼬(いたち)「そうだっけ?うなぎでもどうじょうでも、どっちでもいいよ。おいしければ。」
狐(きつね)「どっちでもよくないよ。うなぎは蒲焼にするけれど、どじょうは鍋だろう?」
狸(たぬき)「あ、俺、蒲焼のほうがいいな〜。こってりと油がのったやつ!うう、たまらん、じゅる。」
鼬(いたち)「おまえな〜、カロリー大丈夫か?メタボ腹はいかんぞ。どじょう鍋のほうがヘルシーだぞ。」
狸(たぬき)「ん〜、鰻のほうが好みだな〜。」
 
鼬(いたち)「土用にはどじょうじゃダメなのか?」
狐(きつね)「土用には鰻だって、江戸時代から決まっているだろ。」
鼬(いたち)「誰が決めたんだよ?」
狐(きつね)「平賀源内。」
鼬(いたち)「誰だそれ?」
狐(きつね)「江戸時代のコピーライターだ。」
鼬(いたち)「?」
 
狸(たぬき)「ところで、なんで土用には鰻を食べるんだ?土用に限らず、いつだってOKだぜ。」
狐(きつね)「精をつけるんだ。夏バテ防止だな。」
狸(たぬき)「なんだ、じゃあ、栄養ドリンクでも焼き肉でもいいんだろ?」
鼬(いたち)「土用にはマムシドリンク、っていうのもありだろ?」
狐(きつね)「まあな。鰻をマムシって呼ぶ地方もあるんだよ。」
狸(たぬき)「ところで、マムシって食えるんだよな?」
鼬(いたち)「うまいぞ。」
狐(きつね)「マムシって、イモリみたいに黒焼きにして薬にするらしいな。」
狸(たぬき)「まずそ〜。やっぱ、鰻の蒲焼がいいな。」
鼬(いたち)「いや、どじょうの柳川鍋のほうがヘルシーだってば。」
狐(きつね)「冷えたビールと冷奴がいいな、俺。」

注釈・夏の土用は、昔から夏バテ防止として精のつく付くものを食べる習慣があった。土と水に関わるという意味では、鰻でもどじょうでもたいした違いはないと思われる。

「狸と狐が占い話」は不定期更新です。鎮守の森の裏手を、たまに覗いてみてください。

狐と狸がここだけ占い話 > 土用のどじょう?うなぎ? 狐と狸がここだけ占い話

 
この記事のURL