秋月さやか公式サイト:占星幻想館
秋月さやか公式サイト

前世、魂、そして夢

 魂という概念が、はっきりと唱えられるようになったのは古代エジプト時代といえるでしょう。肉体は物質、そしていつか滅びます。しかし、人の意識や感情は物質ではありません。それは一過性のある反応だったり、記憶だったり、とにかく物質とは違うレベルのもの。人間は、年老いていく肉体の中に、形のない魂を宿している存在、そのように考えたわけです。
 この魂の概念には、夢も大きく関わっています。夢、それは正確には、眠っていた間に心の中に浮かんだ意識の記憶なのですが、古代人はそのようには考えませんでした。眠っている状態、肉体は動かず、目も閉じたままなのに、なぜ、その眠りの間にいろいろな映像を見たり、さまざまな体験をすることができるのだろうか?と。
 古代人は、眠りを小さな死と考えていました。そして眠っているうちに、魂が肉体を抜け出した体験が夢になるのだ、と。つまり古代人の夢は、基本的には幽体離脱と考えられていました。そして、寝覚めと共に、魂は肉体に戻ってきます。
 しかし、死と共に魂は肉体を完全に離れ、肉体には戻りません。そして肉体は永遠の眠りにつきます。ですから、夢の世界とは冥界(霊界)、と考えていた民族もいます。いずれにせよ、夢の中であれば、冥界に行くことは可能である、と考えられたようです。
 逆に、人が生まれる時には、肉体の中に魂が宿ります。(注・古代ギリシャ時代には、この地上に生まれ出た瞬間に、肉体に魂が宿ると、そのように考えられていました。ですから、誕生時の天宮図は、魂のあり方を示す図となるのです。)では、魂はどこからやってくるのか。それは、この地上以外の世界、冥界、あるいは天上界ということになるわけです。
 東洋(古代中国)の考え方では、心は魂と魄に分かれます。現世での記憶はおもに魄の部分に保存され、それは現世での人生を終えると次第に薄れていくもの。しかし本質的な魂は生まれ変わってもそのまま受け継がれると、そのように考えられていました。

 物事には必ず原因があります。あなたがここに存在する、そして現世でこういう人生を生きている、それも原因あってのこと。運命は選択によってある程度、変えられます。しかし宿命部分は変えられません。宿命部分とは、大きく3つ。どんな親の元に生まれたか。その性別。どんな時代に生まれたか。この3つだけは生まれる時にすでに決まっているので、自分の意思で選択することができません。
 では、その宿命を決めた要因とはいったい何なのか?その答えが、生まれる時にすでに持っていた運命要因、つまり、前世の記憶だというのです。
 ですが、退行催眠を用いても、過去世を思い出すのは100人のうちほんの数人だとされています。しかもそれがはっきり過去世の記憶であるという証明はどこにもありません。前世が果たして存在しているのかどうなのか。それは謎です。
 前世があると仮定した場合、その前世の記憶とはいったいどういったものなのでしょうか?あるいは、遺伝子の中に受け継がれている潜在記憶があるとしたら、それはいったいどういったものなのでしょうか。その潜在記憶を知る手がかりとして登場するのがダークムーンリリトなのです。

秋月さやか

夢についてのノート > 前世、魂、そして夢

 
この記事のURL