ムーンラボカフェ

月がもたらすツキと運

恋魔術ジンクス画像


 新月を過ぎたばかりの若い月の光に銀貨をかざしながらひっくり返すと、新しくお金が入ってくる、という言い伝えがあります。月の満ち欠けは、下界の水や生き物に影響を与えます。これから満ちていく月には地上の植物を育てる力がある、だからお金を増やす力もあると信じられました。ひっくり返す、というのは、新月前までは次第に欠け、細っていった月が、新月を境に新たに生まれ変わって満ちていく、つまりこれまでの流れが刷新されて新たになることを意味するのかも知れません。
 また、満月直前の月に銀貨をかざすと、金運だけでなくツキに恵まれるのだそう。見かけ、銀貨と月の大きさが同じぐらいになるようにして眺め、月の力を銀貨に宿すのです。この満月銀貨は、ギャンブルのお守り。
 銀製のアクセサリーは、月の力を容易に宿すことができると言い伝えられます。新たな出会いが欲しい、あるいは友情を恋に育てたい人は、新月直後の若い月の光に銀のアクセサリーをかざしてみてください。きっと、新しい恋が育ち始めます。  たくさんの異性から注目を浴びたい人は満月の光にかざしたアクセサリーを身につけてみてください。

季節の恋魔術 > 月がもたらすツキと運

 
この記事のURL