ムーンラボカフェ

運勢天気予報 2018

しし予報 「低く空を覆う雲」

運勢天気画像

 社会情勢の変化について不安になることもありそうですが、だからこそ今は動く時期ではありません。立ち止まって足元を確認しましょう。不安定なまま先へ進んでいかないように。
 6月下旬から8月中旬にかけて、水瓶での火星逆行がオポジション(衝)となる時期には、人間関係のトラブルなどから生き方が変化しやすくなります。転職や離婚などによる生活環境の変化。その一方で、結婚、親との同居、人によってはマイホーム購入も考えられそうです。あなたを癒してくれる場、自分にあった生活環境を整えることが、心身の健康にとって大事なこと。家族との関係性を振り返り、向き合う必要があるのか、それとも見守る必要があるのか、判断してください。家族との関係性が希薄な人は、家族に代わる人間関係や地縁の繋がりを意識してください。

 幸運度:★★☆☆☆  
 試練度:★★★☆☆  

運勢天気画像

LOVE

 結婚というよりも、家庭の必要性を考えるようになってくる時期です。守るべき家庭があり、帰るべき場所があり、そして大事な人たちと支え合って暮らす。人生の基盤という意味で家庭は大事。恋人の転勤をきっかけに結婚の話がまとまったり、授かり婚で結婚を決意することになる人もいます。
 出会い運はかなりの波乱が予想されます。突然、思いがけない場所で予想もしていなかった出会いを体験することもあるでしょう。ですがそれは一時的なもので、すぐに通り過ぎていってしまうだけのファンタジー。いつまでも魔法にかかったままでいては危険です。あなたと手を取り合い、時には支えてくれるのは誰なのか。

WORK

 これまでの試行錯誤の中から確かな実績を形にし、役立てていくべき時期に入ります。長年のスキルが評価されることもあるでしょう。後輩の指導や新入社員の教育などを通して、学び直しの機会もやってきます。6月下旬から8月中旬までの火星逆行の時期には、仕事の派閥争いに巻き込まれる人が多いので要注意。いがみあう関係性から、有益なものは生まれません。この時期には、家庭を犠牲にしない仕事環境が大切です。職場が遠い、休日が不規則で家族と一緒に過ごせないなどの問題は、勤労意欲を著しく低下させてしまいます。家庭を優先する方向で仕事を考えた結果、個人事業主として起業という選択になる人もいそうです。

(注・LOVEは金星火星とも誕生星座宮にあると仮定して占っています。WORKは水星火星とも誕生星座宮にあると仮定して占っています。個別の恋愛運、仕事運は、有料メニューをご利用ください)

運勢天気予報2018 Top

季節イベント > 運勢天気予報 2018 しし予報 「低く空を覆う雲」

 
この記事のURL