ムーンラボカフェ

夏の夜の悪夢

物の怪の夢

 「物の怪」(モノノケ)とは、物の怪物、物に魂が宿った化け物。破れ提灯、一反木綿、ぶんぶく茶釜…日本の怪談ではおなじみのキャラクターですね。本が噛み付いてきたり、リボンが蛇のように巻きついてきたり、といったような展開もあるでしょう。物を粗末に扱っていると、モノノケが出る、というのですが…。つまり、現在の経済状況への不満をあらわしています。あるいは、自分の能力をうまく使いこなせていない苛立ちのあらわれ。

 ですがモノノケの夢は、同時に、豊かな想像力のあらわれでもあります。物に込められた力を生かし、新たなアイデアで現状を打開していきましょう!

占夢暦 > 夏の夜の悪夢 物の怪の夢

 
この記事のURL