ムーンラボカフェ

夏の夜の悪夢

暗い場所にいる夢

 夢の中の光は意識の光。光の度合いが、意識のレベルをあらわしています。薄暗い場所は、意識が低迷していることや、わかりにくい状況にいること。よく見えない場所には、危険や問題が隠されています。たとえば洞窟の中とか、薄暗い地下室、カーテンがかかった薄暗い部屋など。プライベートな事情を明らかにしたくないことを告げているのかも知れません。しかし、夢の場所が暗い洞窟の中や地下道であっても、明るく照らす光があって、あたりの様子が見えるのなら、問題はありません。

 灯りがふと消えてしまい、急に暗くなる夢は、要注意です。アクシデントや状況の急変(たいていは困難な状況に陥る)を告げているからです。

占夢暦 > 夏の夜の悪夢 暗い場所にいる夢

 
この記事のURL